ライトユーザー向け金融データベンダーサイト

金融データ(為替や株などのヒストリカルデータ)を提供するサイトをいくつか紹介します。

もしかしたら学術系やら趣味やらで需要があることを期待して…

金融データをAPIで提供するサイトは少ない!

つい最近まで、Google Financeが金融データを無料で提供するAPIを用意していました。しかし突然Google Financeは新しいデータの更新を止めてしまいました。

銘柄によっては数分~数時間遅れのデータになることもあったようですが、APIとして利用できたので、利用者はある程度いたようです。

Google Financeの代替として注目されたのが、Quandlというサイトでした。

そのほかにも無料でAPIを提供するサイトはいくつか残っています。

Quandl

おススメ度:★★☆☆

Quandlでは無料の提供されているデータと有料で提供されているデータがあります。

提供の手段としては、APIかテーブルデータです。APIの使用方法のサポートとして、Python、R、MATLAB、Ruby、Excelなどがあります。

また種類は豊富で為替や株はもちろん、TOPIXなどのインデックス、コモディティ商品、先物、政府発表の指標データなどがあります。

無料データの種類は多いとは言えません。特にダウ平均や日経平均の無料データは先物ならあるのですが、期間が短いです。

TOPIXなどのマイナーインデックスは、日足のヒストリカルデータは無料で用意されていました。

ちなみに日経平均株価指数の使用量は1年間で720USDでした。

Yahoo Finance API

おススメ度:★★★★☆

Yahoo Financeは以前から無料で金融データを提供していましたが、最近になって有料提供に路線変更したようです。しかしながら無料でも利用できるデータはあります。

次が料金表です。制限内であればどのデータを利用してもよいようです。

プランBASIC
$0/月
PRO
$10/月
ULTRA
$30/月
MEGA
$300/月
APIのコール制限500/月10000/月50000/月無制限
レート上限5/s

Quandlは一つの有料データに対して数万~数十万を1年間で支払うことになるので、有料データの利用を視野にいれ、お試しで無料プランでデータを使うのなら、Yahoo Financeはおすすめです。

サポートしている言語は、NodeJS、PHP、Python、Ruby、Java、Objective-C、.Net、cURLです。

OANDA API

おススメ度:★★★☆☆

FXブローカーのOANDAもAPIを提供しています。

無料でAPIを利用できるのですが、OANDAのアカウントを持っていなければならないことと、利用できるデータが為替、CFD、コモディティのみに限られることです。

しかしながらほしいデータの銘柄が通貨ぺアだけだったり、自動売買ツールへの利用を考えているのならおススメです。

その他

APIは提供していないのですが、Investing.comはダウンロードできるヒストリカルデータの種類は豊富で、無料です。

単にヒストリカルデータだけほしいのであれば、Investing.comで十分な気がします。

またエディタで有名なAtomが、Atom Financeというサービスを提供しています。

これは銘柄のヒストリカルデータだけでなく、財務モデリング、ポートフォリオの作成、ニュース分析といった、Bloombergターミナルのような機能を実装しています。

しかしながら当然今の段階ではBloombergの領域にはまったく達していません。取り扱っている銘柄の種類も全然少ないですし、ヒストリカルデータのダウンロードもできませんが、今後そういったサービスの提供も行うかもしれません。

BloombergターミナルのライバルAtom Financeがフリーミアムモデルの刷新に向け約14億円を調達